なんでもベスト10晴暦38年その1 せんべいと小麦不使用のお菓子

なんでもベスト10晴暦38年その1
せんべいと小麦不使用のお菓子

小麦粉の問題が大きくなる中、ただ
仕方なく代替品ですませるのでは
なく、積極的に食べたくなるものを
おすすめしたい。
米の文化で育った私たちが心から
楽しめる本物の美味しさたち。
美味しいは安全と言うだけでなく、
身体に必要であり、悦びである証し。
ただし、醤油には小麦の糀を使って
いるものがほとんどなのでご了承を。
1.千角 279円 やまだ
生地の美味しさ、香ばしさ、サクッと
とした食感など、せんべいに求めら
れるものをほとんどすべて完璧に作
られた正統派の本物。王と呼びたく
なる逸品。
2.玄米おこし 360円 庄内ファーム
晴屋で一番売れているお菓子はた
ぶんこれだ。デザインや見た目は超
地味だが、食べて飽きず、また食べ
て充たされ、食べつつけてももたれ
ない。甘くも、固くもない、サクッとあ
っさりした美味しさには滋味がある。
3.マヨネーズせんべい 279円
一見ジャンクフード。しかし本物の
材料を使ったバランスの良い深み
のある味わいがクセになる。おやつ
に、つまみに、素材の良さ、味付け
のセンスのむ良さが光る。
4.荒挽きえびせん 220円 サンコー
デパートで売っている有名メーカー
より美味しい。エビが30%入ってい
て、香ばしく、味わい深いのに臭み
がない。馬鈴薯でんぷん使用。
5.栗くぐれ 300円 サンコー
上等な北海道産手亡豆を香り高く
甘さ控えめの餡にし、ほんのりと焼き
あげた。栗は入っていないのに、栗
の香りと旨味がある。どこに出しても
恥ずかしくない、立派な和菓子だ。
6.さつま芋ちっぷ 220円 ノースカラー
国産素材にこだわるノースカラーズ
だが本当の個性はセンスの良さと
味付けの上手さだ。良い素材を使い
最低限の味付けで最高の効果をひ
きだす。キャッチ―でしかも上品。
7.揚げ小丸 200円 創健社
胚芽あられとともに35年位店頭にあ
る。平凡でありながら、食べ飽きずに
楽しめる甘じょっぱさはやはり日本
の定番だ。素材の油や調味料の質
の良さあってこそだけれど。
8.草加せん 450円 ムソー
歯ごたえのしっかりある大きな煎餅
はやはり伝統の美味しさだ。特に
大きな個性はないが、私たちに沁み
ついた記憶がもとめる味だ。
9.塩けんぴ 220円 ノースカラーズ
芋けんぴと似ているのだけれど、こ
ちらの方が塩が効いてメリハリがあ
る。ジャンクフード寸前で止めて、
味わいに引き込む手腕は見事だ。
10.あげもん 279円 やまだ
揚げ小丸に似ていても味は真逆。
メリハリあり関東風の濃い味の揚げ
小丸に対してこちらは、すっきりさっ
ぱりと関西風。広島産のレモンを加
え、素材の味で勝負だ。