音の旬宴 その72 アバドの歩んだ道 静寂と孤高から、光に充ちた愉悦へ  6月19日(火)

音の旬宴 その72
季節に合った音楽を聴きながら、
旬の食材を使ったお食事や飲物を楽しむ会です

アバドの歩んだ道
静寂と孤高から、光に充ちた愉悦へ

6月19日(火)18~21時
音楽の選択と話 松橋和也

常に脚光をあびながらも、アバドは孤独です
静寂を何より愛し、ひとり意味をみつめます
けれど病をえて、死の世界から却ってから
内に秘めた情熱を発散します
一人では生きられないことを自覚し
ともに音楽する悦びに打ち震えます
「ヴェルディのレクイエム」では、
無骨な魂の叫びに従い
「ワーグナーのパルジファル」では
宇宙と一体になる秘めた感性をさらけだし
「シューマンの第2交響曲」では
音と戯れる愉悦に酔い
「モーツァルトのピアノ協奏曲」では
内と外に広がる世界を一体にし
「ブルックナーの第9交響曲」で
ふたたび、静寂に帰っていきました
アジアの片隅に住む私たちには
すべては受け取ることのできない世界ですが
それでもアバドが伝えたかったことの一端には
触れ、感じ、心の奥底にしまうことはできます
アバドの足跡と音楽の美しさを楽しむ、
少し老いが身に沁みる私たちの世代のための時間です

会場 オーガニックOHGAおうが
会費 要予約 3800円(食事と1ドリンク付)
当日の参加もできますが、電話でご予約をお願いします
問合せ 枉駕℡042-474-8970 晴屋℡042-476-0642